資金繰り事情から考える、ファクタリング会社の選び方

ファクタリングで資金調達を行う際、貴社の資金繰り事情に合わせて最適な業者を選んで申込を行わないと貴重な時間を無駄にすることになります。
大きく分けて、経営者の方がファクタリング会社を選択する基準は

  1. 必要な金額を調達できるのか?
  2. 期日に間に合うか?
  3. 登記なしなど、貴社の事情に合わせた取引をしてくれるか
  4. 手数料は許容範囲か?
  5. 会社の信頼性はどうか?

というようなものがあると思います。
その中で、資金繰りの事情によって優先すべき検討基準は変わります。

給与支払い、手形の決済や滞納処分予告など、期日の猶予が一切ないケース

給与支払いができない、振り出している手形が落ちない、税務署や社会保険事務所から滞納処分予告の督促状が来ている、というような、期日の猶予が一切ないケースでは、上記の1と2が最優先です。
掛目や手数料についても検討の余地があれば尚可ですが、まずは期日までに必要な金額が調達できることが最優先ですね。

このようなケースでは、必要な調達額にもよりますが以下の点をセールスポイントして掲げている業者に相談するのが良いです。

  • 資金化の対応可能金額が大きい(5000万以上)
  • 即日での資金化が可能
  • 請求書など、審査書類のうち一部の資料で簡易診断が可能

本サイトで紹介している事業者では、以下のような業者が上記のようなケースへの対応実績が豊富です。

資金調達と同時に、できるだけ調達必要額を下げる努力を

給与支払いについては何とか維持していかないと従業員の生活を守ることができませんし、従業員に会社を去られてしまってはそれこそ事業そのものが継続できなくなってしまいます。
手形に関しても、これは何としても落とさなくてはなりません。
ただ、社会保険料や税金については、過去に約束した納付計画を全く守っていない、というような状況ではなく、かつ「3月末」でないのなら、分割での納付交渉を行うことで滞納処分を回避できる可能性はあります。
社会保険料や税金については、一部の方からの情報ですと地域によってかなり対応に差があるようですので一概には言えませんが、交渉をしてみる価値はあります。
(3月末の年度末に掛かっていると、年度を超えての分割交渉はかなり厳しいです。)

銀行返済、外注費や買掛金の支払いが滞りそうなケース

このケースの場合は、可能な限り債権者各社と期日の調整を行いながら、できるだけ手数料が安い業者を探すことが望ましいです。
全部が全部、期日の延長に応じてくれるわけではないかもしれませんし、取引状況によっては支払期日の延長を申し出ることで仕入ができなくなってしまうかも、などの危惧もあろうかと思います。

しかしながら、これ以上「本来は支払えないお金」を無理して支払おうとし続けるだけでは経営の改善は見込めません。
焦って不利な条件でファクタリングを行うよりは、数日のゆとりを持って手数料が安い業者をじっくり探しましょう。

このようなケースでは、以下の点をセールスポイントして掲げている業者に相談するのが良いです。

  • 手数料の上限値が明確になっていて、相場より安い
  • 即日での資金化が可能
  • 請求書など、審査書類のうち一部の資料で簡易診断が可能

別のファクタリング会社への決済が滞りそうなケース

すでにどこかのファクタリング会社とお付き合いしていて、その決済に向けて資金が足りずに別の売掛金を他のファクタリング会社へ売却してから現在付き合っているファクタリング会社へ決済する…
もしもこのようなサイクルに陥ってしまっているのなら、これ以上のファクタリング利用は行わないことを検討することも大切です。

たた、まだ先は見えている!という場合は…
複数のファクタリング会社と同時に付き合うようになると、結果として手数料負担が大きくなり、雪だるま式に負債が増えてしまいます。
このようなケースの場合は、複数社と付き合うよりも、ローンで言う「おまとめ」のような取引を行ってくれる可能性がある事業者を探さなくてはなりません。

  • 資金化の対応可能金額が大きい(5000万以上)
  • 他社からの乗り換え歓迎
  • 登記必須だが手数料が安い

付き合いを1社にまとめて資金化をしてもらい、債権譲渡登記を容認することで手数料を引き下げることができれば良いのではないかと思います。

まだ余力が残っているうちに引き返すことも検討を

もし先の見通しが立たないのであれば、まだ余力が残っているうちに現在お付き合いのあるファクタリング会社と決済についての相談を行ってみることも検討されては如何でしょうか。
決済日まで日にちのゆとりがあるうちに、経営者であるあなた自らが決済についての相談を持ち掛ければ、本サイトでご紹介しているようなちゃんとしたファクタリング会社は話を聞いてくれます。
業者側としては最終的に貴社から回収がきちんとできることが最善であるわけですから、ちゃんと話し合いの場を持って交渉を行えば分割払いなどの解決方法も提示してもらえるかもしれません。
最も良くないのは、行きつくところまで行ってしまって売掛債権の多重譲渡などをしてしまったり、ファクタリング会社への決済ができずに期日を過ぎてしまい、取引先へ通知を送られてしまったりすることです。
取引先と従業員がいれば、会社の立て直しを行っていく方法はたくさんありますので、一度落ち着いて考えてみていただければと思います。