手数料の金額の違いはどういった条件で変わるのか?

手数料の決定要因を知っておくことで、効率的に手数料を下げることができます。そんな手数料の仕組みを詳しく説明します!

ファクタリングの手数料の安い業者を選ぶ重要性

『ファクタリングの手数料の相場ってどのくらい?』このような疑問をお持ちの方ファクタリングは有効活用すれば債権を早期に現金化ができますが、逆に、知識不足が故に手数料で損をするケースも見受けられます。

ここでお伝えしたいのは、【ファクタリングの手数料は業者によっては大きく異なる】ということ。

ポイントは、利用者の人間性と信頼度で手数料も左右されるのです。なぜなら、ファクタリングは保証人や担保を一切つけずに債権を買い取りますので、基本的には、形式上プロパー融資(信用貸し)とほぼ一緒です。


■そもそもファクタリングとは?今さら聞けない基本的なこと■

日本においては、企業間取引の場合基本的には商品やサービスを先に提供して、のちに代金の回収を行う「信用取引」が一般的です。

しかしこうした信用取引の場合、どうしても売掛金の入金が遅延したり、最悪の場合貸倒れになってしまい、こちらが資金難に陥ってしまう可能性があります。近年では経済産業省もファクタリングを勧めているので、今後のより活発化が予想されまするでしょう。

ファクタリングを利用することで、売掛債権の支払い期限を気にせず自由に資金が利用できます。また急な出費でも、融資を利用せず早急に現金化することができます。

ファクタリング取引の種類

ファクタリング取引には2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの2種類あります。

2社間ファクタリングはその名の通り利用者とファクタリング会社の2社で行われるケースです。

2社間ファクタリングのメリットは入金スピードが早く、誰にもバレずに取引先にも影響を与えずに利用することができると言う点です。

3社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社さらには売掛先の企業の3社で行われるケースです。

3社間ファクタリングのメリットは手数料が2社間よりも抑えられます。

2社間ファクタリング

メリット:入金スピードが早い、誰にもバレずにファクタリング可能
デメリット:3社間取引よりも手数料が高い

3社間ファクタリング

メリット:2社間ファクタリングよりも手数料が低い
デメリット:入金スピードが遅い、取引先の同意が必要なので今後の取引に影響を与える可能性がある

では、実際多数あるファクタリング会社の中で、手数料の比較ポイントはどこなのか。


ファクタリング手数料の相場

ファクタリング手数料の大まかな相場は以下のようになっています。

以下の手数料を参考にして頂ければ、高い業者か安い業者かがわかります!

2社間ファクタリング手数料相場 15%~30%
3社間ファクタリング手数料相場 1%~9%

 

日本プランナーなら以下の手数料です!

2社間ファクタリング手数料 2%~15%
3社間ファクタリング手数料 1%~5%

MEMO
2社間ファクタリングは利用者が取引先から売掛金を回収し、その後ファクタリング会社に渡すため、ファクタリング会社は未回収リスクが大きく、手数料が高い!3社間ファクタリングはファクタリング会社が直接代金を回収するため、手数料が安い!


ファクタリング手数料を安く抑えるポイント

ファクタリング手数料を安く抑える方法はいくつかありますが、ここでは3つのポイントについて解説します。

① 信用できる売掛先を選んだ上で、その証拠を示し説明する

ファクタリング会社は、売掛先の会社を審査するために信用できる売掛先を選び、その証拠を示した上でファクタリング会社に説明する必要があります。ここでいう信用できる売掛先としては、国や地方自治体などの公共機関や、大手企業など挙げられますが、これに限られません。

たとえ中小企業であっても、これまでの取引実績などの証拠書類を示した上でしっかりと説明すれば、信用できる売掛先として、手数料を抑えることが可能です。

② 2社間ではなく3社間のファクタリングを利用する

ファクタリング手数料は、2社間よりも3社間ファクタリングのほうが手数料が安いです。

3社間ファクタリングは売掛先も契約に加わり、売掛金が売掛先から直接ファクタリング会社の口座に振り込まれます。そのため2社間ファクタリングよりもリスクは低いので、3社間ファクタリングは手数料が安くなっています

③ 同じファクタリング会社を複数回利用する

一度利用して信用できるファクタリング会社だと思ったら、同じ会社を複数回利用することにより、手数料を安く抑えられる可能性は高いです。

同じファクタリング会社を複数回利用することで、信用がましていくからです。


ファクタリング手数料が安い業社を使う注意点

最低限抑えておきたいファクタリング業社の注意点を2点ほど解説します

注意点①. 審査は厳しい 

ファクタリングは…

ファクタリング手数料が高ければ高いほど、審査は甘い
ファクタリング手数料が安ければ安いほど、審査は厳しい

という特徴があります。

当然、ファクタリング手数料が安ければ安いほど、審査は厳しく、審査落ちの可能性が高くなりやすいのです。

ファクタリング手数料の安さを重視し過ぎて、一度に複数社の申し込みをして相見積もりを武器に価格交渉すると、全て審査落ちになる可能性があるので注意しましょう
なぜならファクタリング業者間で繋がりもある業者があるので注意が必要です。

注意点②. 即日買取は難しい

審査を慎重に行う = 審査・買取に時間がかかる

ことを意味しています。

ファクタリング手数料の安いファクタリング業社を選ぶと、申込から入金まで2日〜3日、遅い場合は入金まで1週間かかるのも珍しくありません。要求される必要書類の数も多いため、必要書類を用意するための時間もそれなりにかかってしまうので注意が必要です。

申し込んだその日のうちに資金を調達しなければならないのであれば、ファクタリング手数料の安さよりも、即日買取の実現度を重視して、選ぶ必要があるのです。


ファクタリングの税務処理

最後にファクタリングに関わる税務処理の説明です

結論から言えば、ファクタリングを利用しても税務処理を行う上での手間も負担も大きくなることはありません。新たな資金調達方法としてファクタリングの利用を検討している経営者様も税務処理に関して、特に心配していただかなくて大丈夫です。

金銭債権の売買(譲渡)として取り扱われる

金銭債権の売買(譲渡)として取り扱われる事業者向け資金調達方法の1つであるファクタリングは、法的には「債権の売買(譲渡)契約」となります。これは金融庁のサイト上にも明記されており、国の見解と考えることができます。売掛債権の売却で手に入れた資金は負債となることもなく、ファクタリング手数料は損金として扱われます。

売掛債権の現金化に消費税は不要

国税庁のサイトにも記載がありますが、有価証券の譲渡は非課税取引となります。ファクタリングの際に売却する売掛債権は、非課税取引の対象となる「金銭債権」に含まれており、消費税が発生することはないのです。万が一、ファクタリング手数料に消費税を加算してくる買取業者があったとすれば、法律に反していることになります。そのような危険な業者は利用しないようご注意ください。

ファクタリングに関係する税金

取引自体は非課税で行われますが、売掛金そのものには消費税が加算されます。ですが売掛先が支払うことになりますので、ファクタリングの利用時には特に気にする必要はありません。消費税が必要になる場面としては、ファクタリング会社と対面で手続きを行う際の店舗までの交通費や、債権譲渡登記を司法書士に依頼する際の報酬などが考えられます。債権譲渡登記に関する税金としては、印紙税や登録免許税も必要となります。

法人税への悪影響もなし

ファクタリングの手数料は損金として扱われますので、利益に対して課税されることになる法人税への影響はありません。法人税への影響を懸念されている経営者様も、安心してファクタリングをご利用していただけます。

非課税売上高には含まれない

売掛債権は金銭債権に含まれており、ファクタリングによって手にした資金も非課税売上高の対象となるように思われるかも知れません。しかしすでに消費税が含まれている売掛債権は、非課税売上高としては扱われません。消費税の控除が受けられるかどうかの判断基準にもなる課税売上割合に非課税売上高は影響しますが、ファクタリングの取引で得た現金は含めないように注意しましょう。

ファクタリング手数料は経費に計上して問題なし

売却損や譲渡損などとして経理上記載されるファクタング手数料は、経費として計上することができます。法人税を減らすことが期待できますので、ファクタリングを利用した際には、しっかりと経費として計上しておきましょう。

まとめ

ファクタリング手数料は契約形態や業者によって大きな差は開いてきますが、工夫次第ではファクタリング手数料を安く抑えることはできます。

日本プランナーでは、業界最低水準のファクタリング手数料2%からで、ご案内いたしております。

これからファクタリングでの資金調達をお考えの方、ファクタリング手数料を今より安く抑えたい方はお気軽にご相談ください。

他社よりも安いファクタリング手数料をご提示させて頂きます。