MENU

ファクタリングのお問い合わせ

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
ファクタリングのお問い合わせ

担当者から1営業日以内にご連絡差し上げます。

※電話でのお問い合わせ・ご相談は、03-5830-8765に「ホームページを見て電話しました」とお伝え下さい。
※必須項目はすべてご入力くださいませ。

派遣業コンサルティング

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
派遣業コンサルティングとは

人材の採用、育成、マネジメント、コンプライアンス、営業戦略などの課題があり、派遣業者がこれらの課題を解決するために、コンサルティングサービスを利用することがあります。

具体的には、派遣業コンサルティングでは、以下のようなサービスを提供することがあります。

  • 人材育成支援:派遣社員のスキルアップやキャリアアップのためのトレーニングプログラムや教育プログラムを提供します。
  • マネジメント支援:派遣社員の管理や評価方法の改善、マネジメントのアドバイスやコンサルティングを提供します。
  • 営業支援:営業戦略の策定や販売促進の方法、顧客開拓のアドバイスやコンサルティングを提供します。
  • コンプライアンス支援:派遣業法や労働法などの法的規制に基づくコンプライアンスの確保や遵守を支援します。
  • 業務改善支援:業務プロセスの見直しや改善、ITツールの導入など、業務効率化や生産性向上のための支援を提供します。

派遣業コンサルティングは、派遣業者の業務の改善や競争力の向上、顧客満足度の向上などを目的としています。また、派遣社員のスキルアップやキャリアアップ、労働環境の改善など、社会的な課題解決にも貢献することが期待されています。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

人材確保の難しさ

採用プロセスの見直しや改善を行い、優秀な人材を獲得しやすい環境を整える。 人材不足を予測して、事前に求められるスキルや経験を持った人材を育成する。 社員のモチベーションを高めるために、福利厚生やキャリアアップの機会を提供する。

顧客ニーズの変化

顧客とのコミュニケーションを強化し、ニーズ変化に迅速に対応する。 派遣業務の幅を広げ、新しい分野にも進出することで、多様なニーズに対応する。 人材育成に注力し、需要の高い分野に特化した人材を獲得する。

法律や規制の変更

法律や規制の変化に敏感であるため、最新情報を収集し、適切に対応する。 法律や規制に適合するための専門家のアドバイスを受ける。 継続的に法律や規制についての教育を行い、社員の意識を高める。

競合他社との競争

顧客満足度の向上やサービスの差別化を行い、競合他社との差別化を図る。 コスト削減を行い、価格競争に勝利する。 新しい分野に進出し、競合他社とは異なる分野で優位性を確保する。

業務の効率化やIT化の進捗不足

プロジェクトマネジメントを強化し、プロジェクトの進捗管理や問題解決能力を高める。 技術的なサポートを受けることで、ITシステムの導入や改善を行う。 社員のITスキルを向上させるための研修や教育を行う。

他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

データ分析による人材ニーズの予測

派遣業者は、従来から顧客の要望に応じて人材を提供してきましたが、データ分析を活用することで、顧客が将来的に求める人材ニーズを予測し、それに合わせて人材の育成やサービスの提供を行うことができます。

テクノロジーの活用による業務プロセスの効率化

派遣業者は、業務プロセスの改善や生産性向上を目指して、テクノロジーの活用を進めることが重要です。具体的には、AIやRPAを活用することで、業務の自動化や効率化を図ることができます。

CSR活動の推進

派遣業者は、社会的責任を果たすためにCSR活動を推進することが求められます。具体的には、派遣社員のスキルアップ支援や福利厚生の充実、社会貢献活動の推進などです。これにより、社会に貢献することで、信頼を得ることができ、業界の地位を確立することができます。

4つのよくある質問

A. 派遣社員のスキルアップ支援には、キャリアコンサルティングや教育研修、スキル認定制度の導入などが効果的です。また、派遣先企業とのコミュニケーションを密にし、求められるスキルや知識を的確に把握し、それに合わせた教育研修を行うことも重要です。

A. 派遣先企業とのトラブルが発生した場合は、まずは冷静に状況を把握し、トラブルの原因を明確にすることが大切です。その上で、派遣元企業の規定や法律に基づき、トラブル解決に向けた措置を取る必要があります。また、トラブルの発生を未然に防ぐために、派遣先企業とのコミュニケーションを密にし、クリアなルールやガイドラインを設けることも重要です。

A. 派遣社員の定着率を向上させるには、派遣元企業としては、派遣社員のキャリアプランや希望、不満点を的確に把握し、フィードバックを行うことが大切です。また、長期的な雇用関係を築くためには、派遣社員に対して安定的な労働環境を提供することが求められます。派遣先企業とのコミュニケーションも重要であり、派遣社員の扱いや評価について協議を行い、働きやすい環境を整えることが必要です。

A:派遣業界において、最近注目を集めているのは人工知能(AI)やロボット技術です。これらの技術を活用することで、人材のスキルマッチングや業務プロセスの効率化が可能となります。

製造業コンサルティング

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
製造業コンサルティングとは

製造業企業に対して、生産性向上や品質改善、コスト削減、生産プロセス改善、新製品開発支援などの業務についてのアドバイスや支援を行うコンサルティングサービスのことです。

具体的な業務としては、製造プロセスの見直しや改善、生産設備の選定や設計、生産ラインの最適化、品質管理の強化、原価の削減、在庫管理の改善、海外進出支援などがあります。また、製品のデザイン・開発や市場調査、競合分析などを通じて、企業の新規事業創造にも貢献します。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、経営戦略や事業計画を立てる際に、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

生産ラインの効率性向上に関する解決

リーン生産方式を導入し、ムダを排除することで生産ラインの効率性を高める。 製造プロセスの自動化やロボット化を進め、人手に頼らない生産ラインを構築する。 生産ラインの改善に関する専門家を招聘して、生産ラインの分析・改善を進める。

品質管理に関する解決

品質管理チームを強化し、品質問題に対する早期対応を行う。 品質管理に関する規程やプロセスを整備し、品質の向上と不良品の削減に取り組む。 品質管理のためのシステムやツールを導入し、品質データを分析して改善に繋げる。

製品の設計・開発に関する解決

市場調査や顧客ニーズの把握を強化し、市場動向に合わせた製品開発を進める。 製品開発プロセスを改善し、開発期間を短縮する。 外部の専門家を招聘して、製品設計や開発に関する支援を受ける。

原材料の調達・管理に関する解決

調達先の多様化を進め、リスク分散を図る。 原材料の品質管理を徹底し、品質不良による損失を防ぐ。 原材料のコストを削減するために、バリューチェーン全体を見直す。

海外進出に関する解決

現地の法規制や文化に精通した現地のパートナーを探し、共同で事業を展開する。 現地での販路確保のために、現地のネットワークを活用する。 海外進出に向けてのリサーチを強化し、進出先の市場調査や競合分析を行う。

他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

AIやIoTを活用した製造プロセスの最適化

近年、AIやIoT技術が進歩し、製造現場でもその活用が進んでいます。AIやIoTを活用することで、製造プロセスのデータをリアルタイムで収集・解析し、生産ラインの効率性を高めたり、品質管理の精度を向上させたりすることができます。

デザイン思考を活用した製品開発

製品開発において、デザイン思考を取り入れることで、顧客ニーズに合わせた製品開発が可能となります。この手法を用いた製品開発により、他社とは異なる、顧客にとって価値の高い製品を開発することができます。

SDGsに配慮した製造業

SDGs(持続可能な開発目標)に配慮した製造業を目指すことも、他社とは異なる魅力のある会社と判断されます。このような取り組みを進めることで、顧客からの信頼を獲得しできます。

4つのよくある質問

A: 製造業の生産性を向上させるためには、機械の自動化やロボット技術の導入、製品の設計の最適化、生産プロセスの見直しや改善、従業員のトレーニングや教育などのアプローチがあります。

A: 製造業で品質管理を改善するためには、品質管理システムの導入、品質管理の標準化、生産ラインにおける品質管理の自動化、品質に関するデータの収集や分析、従業員の教育やトレーニングなどの方法があります。

A: 製造業における省エネルギー化について、具体的な取り組みとしては、省エネルギー機器の導入や交換、エネルギー消費量のモニタリングや分析、エネルギーの自給自足や再生可能エネルギーの導入、従業員のエネルギー管理意識の向上などがあります。

A:製造業のグローバル展開において重要な点は、現地の法律や規制、文化、言語、市場のニーズやトレンドを理解することです。また、ローカルなパートナーやサプライヤーとの協力関係の構築や、グローバルな競合環境に適応するための商品やサービスの最適化などが重要な点となります。

運送業コンサルティング

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
運送業コンサルティングとは

物流や運送業界において、効率的かつ効果的なサプライチェーン管理を実現するための専門的なアドバイスを提供するサービスです。

運送業においては、輸送ルートの最適化、輸送時間の短縮、運送コストの削減、配達の正確性の向上、リスクマネジメントなど、多くの課題があります。運送業コンサルティングは、これらの課題を解決するために、以下のようなサービスを提供します。

  1. ロジスティクス戦略の策定
  2. 輸送ルートの最適化
  3. 輸送時間の短縮
  4. 運送コストの削減
  5. 配達の正確性の向上
  6. リスクマネジメント
  7. 品質管理の強化
  8. 技術導入の支援
  9. 人材育成の支援


運送業コンサルティングは、物流や運送業界に詳しい専門家が、顧客企業の現状を分析し、最適な解決策を提供することで、効率的かつ効果的なサプライチェーン管理を実現します。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

運送コストの削減

ルート最適化の導入:最適な配送ルートを算出し、燃料や人件費などのコストを削減することができます。 車両の適切なサイズ選択:輸送する荷物の量に合わせた車両を選択することで、無駄なスペースや重量を避け、コストを削減することができます。 燃費効率の高い車両の導入:エコカーなど、燃費効率の高い車両の導入により、燃料費を削減することができます。

配達の正確性の向上

GPSを活用した配送管理システムの導入:車両の現在位置や荷物の配達状況をリアルタイムで把握し、正確な配達を実現することができます。 運転手の能力向上:適切なトレーニングや研修を行い、運転技術や配達管理能力を向上させることができます。

輸送時間の短縮

高速道路などの最適なルートを選択:最適なルートを選択することで、輸送時間を短縮することができます。 物流センターの効率化:荷物の受け渡しや仕分けなどの作業を効率化することで、輸送時間を短縮することができます。 航空輸送や海上輸送など、より速い輸送手段の活用:輸送時間を短縮するために、より速い輸送手段を選択することができます。

リスクマネジメント

適切な保険の選定:荷物の損失や盗難、事故などのリスクに備え、適切な保険を選定することが重要です。 リスク管理の導入:事前にリスクを予測し、対策を講じることで、リスクを最小限に抑えることができます。

  • 以上のように、運送コンサルティングにおいて技術導入の支援を行う際には、課題分析から計画策定、実施、評価までを綿密に計画し、トレーニングやサポートにも力を入れることが重要です。
他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

データ分析による顧客ニーズの洞察

顧客ニーズを正確に把握することは、運送業界においても重要です。これにより、より正確な需要予測を行い、必要な輸送サービスを提供することができます。

運送フランチャイズの導入

運送業界においては、フランチャイズモデルを導入することで、経営効率を高めることができます。それぞれが独立して経営を行いますが、ブランド力やマーケティング支援を受けることができます。

環境負荷低減のための輸送手段の多様化

環境負荷低減のために、輸送手段の多様化が求められています。また、環境負荷低減のために、電気自動車や水素自動車などのエコ車の導入も検討することができます。

4つのよくある質問
A. 運送業のコンサルティングを受けることで、運送コストの削減や配達の正確性の向上、輸送時間の短縮、リスクマネジメントの強化など、さまざまな課題を解決することができます。また、最新のテクノロジーを導入することで、より効率的かつ正確な運送業務が実現できるようになります。
A. 運送業コンサルティングには、運送ルートの最適化、運送手段の選択、輸送時間の短縮、運送品質管理の強化、リスクマネジメントの導入、テクノロジーの活用など、様々な手法があります。ただし、それぞれの企業の状況や課題に合わせた最適な手法を選定することが重要です。

A. 運送業コンサルティングを依頼する際には、現状の運送状況や課題、改善の目的や方針、予算などの情報が必要になります。また、改善策を実行するための人員や予算の確保、テクノロジー導入の可否など、企業内での調整や協力が必要になる場合があります。

A. 運送業コンサルティングの費用は、依頼するコンサルティング会社やプロジェクトの規模によって異なります。大手のコンサルティング会社であれば、数百万円単位から数千万円単位の費用がかかることがあります。ただし、費用に見合った成果が出る場合も多く、コストパフォーマンスを考慮して選定することが重要です。

建設業コンサルティング

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
建設業コンサルティングとは

建設業界において、企業や自治体などが抱える課題や問題を解決するための支援を行うサービスです。具体的には、以下のような業務を行うことがあります。

  1. プロジェクトマネジメント支援
    建設プロジェクトの管理や進捗管理、コスト管理、品質管理、安全管理などを支援することで、スムーズなプロジェクト進行を実現します。

  2. 技術的な支援
    建設技術に関する知識や経験を生かして、施工方法や材料選定などについてのアドバイスを行います。

  3. コンサルティング
    建設業界におけるビジネス戦略やマーケティング、組織改革など、経営面やビジネス面についてのコンサルティングを提供します。

  4. 計画策定支援
    土木工事や建築物の設計、工程計画の策定などについて、専門知識や技術を生かして支援を行います。

  5. 環境対策支援
    建設現場での環境保護や省エネルギーなどに関する取り組みの支援を行います。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

人材不足による人手不足

若手層の採用に力を入れ、魅力的な待遇やキャリアアップの機会を提供し、外国人技能実習生や留学生の受け入れを増やすことで、人材不足を補う。 現場作業の効率化や自動化に取り組み、作業員の負担を減らし、人手不足を解消する。

コスト増加

原材料や労働力の価格変動に対応できるよう、原価管理システムの導入や外部との取引条件の見直しを行う。 現場作業の効率化や自動化、省エネルギー化により、コスト削減を実現する。 経営層や社員にコスト意識を浸透させ、無駄を削減する。

競合他社との差別化

競合他社との比較分析を行い、自社の強み・弱みを明確にし、差別化のポイントを見つける。 技術開発や新製品開発に力を入れ、市場に先駆けた提案を行う。 顧客ニーズに合わせたサービスの提供や顧客満足度の向上に取り組む。

経営改善の必要性

経営層のビジョンや方針を明確化し、社員に共有することで、経営の方向性を定める。 財務状況や業績を客観的に評価するための会計システムの導入や、コスト削減や生産性向上のための施策を実行する。 組織風土の改善や社員教育・研修に取り組むことで、企業文化の変革を促進する。

環境保護やエネルギー問題

環境に配慮した建設方法や施設の設計、エネルギー効率の高い設備の導入など、環境対応の技術を積極的に取り入れる。

他社とは異なる「3つの魅力」

デジタル技術の活用

建設業界でも、IoTやAIなどのデジタル技術が導入されつつありますが、まだまだ普及率は低いと言えます。コンサルティング企業が、デジタル技術を活用した施策を提案し、その実装における支援を行うことで、他社と差別化を図ることができます。

建設業界のグローバル化に対応したアドバイス

建設業界は、グローバル化が進んでおり、海外でのビジネス展開が求められるケースも増えています。海外でのビジネス展開におけるリスク管理や現地法規制の理解、人材確保のためのネットワーク構築などのアドバイスを行うことで、他社と差別化を図ることができます。

社会課題に対する総合的な取り組み

建設業界には、環境問題や社会問題に対する取り組みが求められています。コンサルティング企業が、建設プロジェクトの計画・設計から施工・運用までを総合的に見て、環境・社会に配慮した提案を行うことで、他社と差別化を図ることができます。

4つのよくある質問

A: 建設業コンサルティングでは、建設プロジェクトに関する様々な分野でのアドバイスや支援を提供しています。具体的には、プロジェクトの計画、予算の策定、設計や施工のアドバイス、品質管理、環境保護、エネルギー効率化、経営改善などがあります。

A: 建設業コンサルティングを利用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 専門家の知識や経験を活用し、効率的かつ的確なアドバイスが受けられる
  • プロジェクトのコストやスケジュールを把握し、抑制することができる
  • 環境保護やエネルギー効率化など、社会的課題に対応した施策が取り入れられる
  • 経営改善の支援を受けることで、業績の向上が期待できる

A: 建設業コンサルティングを利用する場合、まずはコンサルティング企業に問い合わせを行い、どのような支援が必要かを相談します。その後、依頼内容や目的、予算、スケジュールなどを詳しく話し合い、契約を締結します。コンサルティング企業は、クライアントの要望に合わせたサービスを提供するため、細かい内容の調整や打ち合わせが行われます

A: 建設業コンサルティングの費用は、プロジェクトの規模や内容、期間、人員配置などによって異なります。一般的には、契約前に予算を詳細に提示し、クライアントの了解を得た上で業無内容を確定したあとに見積もりをさせていただいています。詳しい詳細はお問い合わせでも対応できます。

事業再生

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
事業再生コンサルティングとは

事業再生コンサルティングとは、経営状態が悪化し、事業を再生させるための戦略を策定し、実行する支援をするコンサルティングのことです。

財務、人事、営業などの観点から現状分析を行い、事業の強みや弱みを把握し、再生計画を策定します。再生計画の実行を支援することで、事業の持続可能性を高め、経営状態を改善させることが目的となります。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、経営戦略や事業計画を立てる際に、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

資金不足による事業継続の危機感

資金調達の可能性を検討し、金融機関や投資家からの資金調達を行う方法を提案する。

事業再生の方法が分からず、何をすれば良いか分からない

事業再生の方法や手順を具体的に説明し、現状分析や再生計画の策定支援を行う。

再生計画の策定にあたって、何を優先すべきか迷っている

経営状況や問題点に応じて、最優先で取り組むべき課題を明確にし、再生計画の策定支援を行う。

従業員のモチベーションが下がっている

従業員が抱える問題や課題を把握し、モチベーションを向上させるための施策や方針を提案する。

借金返済のためにキャッシュフローが悪化している

キャッシュフローの改善策を提案し、業績改善による収益増加やコスト削減などの方策を具体的に示す。また、借金返済に関する交渉支援を行うこともある。

他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

ダイナミックなアプローチ

事業再生においては、大胆なアプローチが必要になる場合があります。従来の枠組みにとらわれず、新たな視点から事業を見つめ直すことが重要です。そのため、ダイナミックで柔軟なアプローチを採用し、積極的に変化を起こすことが必要です。

イノベーションの導入

事業再生には、既存のビジネスモデルを見直し、新しいアイデアや技術を導入することが必要です。イノベーションを取り入れることで、市場競争力を高め、ビジネスを再生することができます。

組織文化の改善

事業再生には、従業員のモチベーションを高めることが不可欠です。従業員が高いモチベーションを持って働くことができれば、生産性の向上や顧客満足度の向上につながります。そのため、組織文化の改善や従業員教育にも力を入れることが必要です。

4つのよくある質問

A: 事業再生コンサルティングは、経営が困難な企業、つまり経営状態が悪化している企業が対象となります。業績不振や財務上の問題がある企業、事業戦略の転換を必要とする企業、経営者交代による経営環境の変化に直面している企業などが該当します。

A: 事業再生コンサルティングの費用は、企業の状況や課題によって異なります。一般的には、コンサルティング期間やコンサルタントの人数、必要な調査や分析、提案内容によって費用が変わります。しかし、コンサルティングによって企業の存続や再生が可能となる場合もありますので、費用と効果のバランスを考慮する必要があります。

A: 事業再生コンサルティングの実施期間は、企業の状況や課題、コンサルティング内容によって異なります。短期間で改善が見込める問題や課題に対しては、数か月で結果が出る場合もあります。一方で、大規模な改革や再生が必要な場合は、1年以上の長期プロジェクトになることもあります。

A:事業再生コンサルティングの成果は、企業の状況や課題によって異なりますが、一般的には数値目標やKPI(Key Performance Indicator)を設定して、その達成度合いで評価されます。具体的には、売上高や利益率の向上、コスト削減、資金調達の成功などが目標となる場合があります。また、経営者や社員の意識改革や組織改革の成果も重視されます。

資金調達コンサルティング

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
資金調達コンサルティングとは

資金調達コンサルティングとは、企業が必要とする資金を調達するための支援やアドバイスを行うコンサルティングサービスのことです。

具体的には、投資家や金融機関との交渉や資金調達戦略の立案、資金調達のための企業価値向上策の提案などを行います。また、資金調達に伴う契約書や書類の作成支援も行います。資金調達のプロセスは複雑であり、経験や知識が必要とされるため、コンサルティングサービスを利用することでスムーズな資金調達を実現することができます。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、経営戦略や事業計画を立てる際に、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

銀行融資を受けられない

銀行以外の金融機関やオンラインでの融資サービスを検討する 債務保証人を用意する 融資先に対する説明資料やプランの作成に力を入れる

投資家から資金を調達する知識

投資家に対して興味を持ってもらうためのビジネスプランやプレゼンテーション資料の作成に力を入れる ビジネスの可能性を示す数字や市場の調査結果、顧客の反応などを明確に示す 投資家との出会いの場を作るために、イベントやネットワーキングの機会に積極的に参加する

資金調達の手続きや書類の作成に手間がかかる

専門家に相談し、資金調達の手続きや書類作成を代行してもらう 資金調達に関する書類を作成するためのテンプレートやサンプルを参考にする 資金調達に必要な書類を事前にまとめておくことで、手続きのスピードを上げることができる

資金調達のメリットやデメリットを比較し、リスクを正確に判断する

自社の状況に合わせて、最適な資金調達の方法を選択する 資金調達のメリットやデメリットを比較し、リスクを正確に評価する 資金調達に関する専門家に相談し、最適な方法をアドバイスしてもらう

資金調達が成功しなかった場合の対処方法がわからない

資金調達が失敗した理由を分析し、改善策を検討する 失敗した理由を正確に把握することで、次に向けた改善点を見つけることができる 失敗した経験を生かし、次の資金調達に向けてさらに努力する。

  • 以上のアドバイスは、他社との差別化を図るために、自社の強みや市場環境に応じたカスタマイズが必要です。資金調達の選択肢を拡げることで、より多くの投資家にアプローチできるようにすることが、他社との差別化につながるでしょう。また、自社のビジネスプランやプレゼンテーションを磨くことで、投資家に説得力のある提案ができるようになります。
他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

資金調達の選択肢を広げる

実際には銀行だけではなく、多様な資金調達手段が存在します。クラウドファンディング、天使投資家からの資金調達、ベンチャーキャピタルなどがあります。それぞれの手段の特徴やリスクを理解し、自社に合った選択肢を考えることが大切です。

ビジネスプランの策定

資金調達に必要なのは、投資家や金融機関に説得力のあるビジネスプランです。ビジネスプランを作成する際には、自社の強みや市場の需要、競合環境などを分析し、将来の成長戦略を明確にすることが重要です。

投資家へのアプローチ

資金調達の成功には、投資家への説得力が不可欠です。プレゼンテーション資料の作成や、プレゼンテーションのトレーニング、投資家との出会い方など、投資家へのアプローチ方法を学ぶことが重要です。

4つのよくある質問

A: 資金調達には、銀行からの借入や投資家からの出資、クラウドファンディング、政府系の補助金・助成金などがあります。

A: 投資家にとって魅力的なビジネスプランの作成や、資金調達に必要な書類(財務諸表、ビジネスプランなど)の整備、投資家や銀行との交渉力の強化などが必要です。

A: 資金調達に失敗するリスクは常に存在します。資金調達ができない場合、事業の継続や成長が困難になる可能性があります。また、借入金や出資金の返済に苦しむこともあります。

A:投資家や銀行が魅力的と感じるビジネスプランの作成や、投資家や銀行との良好な人間関係の構築、資金調達に必要な書類の正確な整備、経営者自身のビジネスモデルの理解などが重要です。また、競合他社との差別化や事業の成長性などのアピールも必要です。

財務コンサルティング

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
財務コンサルティングとは

財務コンサルティングとは、企業や個人の財務に関する問題や課題を抱えた場合に、専門家が助言やアドバイスを行うサービスです。具体的には、経営戦略の立案や財務分析、予算・キャッシュフロー管理、資金調達の支援、税務申告などが含まれます。

財務コンサルタントは、財務知識に加えて、企業経営の知識や経験を有しており、経営者や個人が抱える財務上の問題を解決するために、的確なアドバイスを提供します。また、財務コンサルタントは企業の業績向上や利益増大に貢献することを目的として、適切な財務戦略の立案や財務リスクの回避、資金調達の方法の選定、税務対策のアドバイスなどを行います。

財務コンサルティングは、経営者や個人の財務に関する問題を解決するだけでなく、将来の事業計画の立案や事業の成長戦略の策定など、企業の長期的な発展についてもアドバイスを提供することができます。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、経営戦略や事業計画を立てる際に、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

資金調達の方法が分からない

財務コンサルタントは、企業が必要とする資金を調達する方法をアドバイスすることができます。たとえば、銀行からの融資や株式公開など、適切な資金調達の方法を選定する支援を行います。

キャッシュフローの改善が必要

キャッシュフローの改善は、企業にとって重要な課題の一つです。財務コンサルタントは、企業のキャッシュフローの状況を分析し、改善策を提案することができます。たとえば、債務の削減や、売掛金・買掛金の管理方法の改善、キャッシュフロー予測の精度向上などが挙げられます。

税務に関する問題を抱えている

財務コンサルタントは、税務申告や税務対策についてのアドバイスを行います。たとえば、節税のための経費の見直しや、適切な税務申告書類の作成方法のアドバイス、税務調査対応の支援などがあります。

事業再生が必要

事業再生は、企業が抱える財務上の問題を解決し、経営を再建するための取り組みです。財務コンサルタントは、企業の財務状況を分析し、財務再建計画を策定することができます。

財務分析に苦手意識がある

財務分析は、企業の財務状況を把握するために重要な手段ですが、分析に苦手意識を持っている場合もあります。財務コンサルタントは、企業の財務分析を代行することができます。具体的には、財務諸表の解析や、企業比較分析、業績評価指標の算出などがあります。

他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

データ分析に注力する

財務コンサルティングにおいて、データ分析は非常に重要な役割を担います。顧客の財務状況を把握するために、データの収集・分析を行い、より精度の高い分析を提供します

リスクマネジメントに注力する

財務コンサルティングにおいて、リスクマネジメントのアドバイスは非常に重要です。特に、不測の事態に備えるために、災害リスクやサプライチェーンリスクなど、多岐にわたるリスクに対するアドバイスができます

クライアントとの密なコミュニケーションを図る

財務コンサルティングにおいては、クライアントとの密なコミュニケーションが欠かせません。オンラインツールの活用など、クライアントとのコミュニケーションに力を入れることで、他社との差別化を図ることができます

4つのよくある質問

A: 財務コンサルティングは、企業の財務戦略や財務管理に関するアドバイスを提供するサービスです。主に財務分析、資金調達、投資分析、M&A(合併・買収)などが含まれます。

A: 財務コンサルティングを利用することで、専門家のアドバイスを受け、経営戦略に財務面からアプローチすることができます。具体的には、財務戦略の見直しによるコスト削減、資金調達の効率化、経営指標の設定や評価の改善などが挙げられます。

A: 財務コンサルティングは、企業の規模や業種に関わらず、財務面に課題を抱える企業におすすめです。特に、資金調達が必要な企業やM&Aを検討している企業、経営戦略を見直す必要がある企業などに効果的です。

A:財務コンサルティングを受ける場合、自社の財務状況や業績、経営戦略についての情報を準備することが望ましいです。また、コンサルティング会社との契約内容や料金、支払い方法についても事前に確認しておくことが大切です。

会社設立・起業支援

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
会社設立・起業支援とは

会社設立・起業支援とは、新しい事業を始める人々が、法律や手続き、ビジネス戦略や資金調達など、起業に必要なさまざまなスキルや知識を習得するための支援サービスです

具体的には、以下のような支援が含まれます。

  1. 法務・会計支援:法律や会計に関する手続きや規制に関するアドバイスやサポートを提供する。

  2. ビジネス戦略支援:ビジネスモデルの構築やマーケティング戦略、事業計画の策定、競合分析など、起業家がビジネスを成功させるためのアドバイスや支援を提供する。

  3. 資金調達支援:投資家との出会いや、ビジネスプランのプレゼンテーション、資金調達の手続きなど、資金調達に必要なアドバイスや支援を提供する。

  4. スペースやオフィスの提供:起業家が利用できるコワーキングスペースや、オフィススペースを提供する。

  5. メンタリング支援:経験豊富な起業家やビジネスパートナーが、起業家に対してアドバイスやコーチングを提供する。

  6. 教育・トレーニング支援:起業家向けの教育やトレーニングを提供する。

これらの支援は、起業家が成功するために必要なスキルや知識を習得し、事業を拡大するために必要なリソースを獲得するために重要です。会社設立・起業支援は、起業家が必要とするさまざまなリソースを提供し、成功するための土台を築くための重要な役割を果たします。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、経営戦略や事業計画を立てる際に、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

創業融資以外の資金調達をしたい

クラウドファンディング:プロジェクトの資金調達をオンライン上で行うことができます。 アクセラレータ・インキュベータ:スタートアップの成長を支援するプログラムで、ビジネスのアドバイスや資金調達の支援を提供します。 販売前注文(プレオーダー):商品を開発し製品を完成させる前に、商品を予約購入してもらうことで資金を調達する方法です。

会社のウェブサイトを作成したい

サイトビルダー:Wix、WordPress、Squarespaceなどのサイトビルダーを利用することで、技術的な知識がなくても低コストでウェブサイトを作成できます。 テンプレート利用:テンプレートを利用することで、デザインやレイアウトを容易に選択でき、低コストでウェブサイトを作成できます。

ロゴ、名刺、パンフレットなどを低コストで準備したい

フリーランスデザイナー:ロゴや名刺、パンフレットのデザインを外部のフリーランスデザイナーに依頼することができます。 オンライン印刷サービス:オンラインで印刷業者に依頼することで、低コストで印刷物を作成することができます。

マーケティングの効果的なアドバイス

ターゲット設定:どのような人々に商品やサービスを提供するかを明確にし、その人々がどのような価値観を持っているかを理解することが重要です。 ソーシャルメディアマーケティング:SNSを利用することで、ターゲット層にリーチすることができます。また、有料広告を利用することで、リーチ範囲を広げることができます。

会社設立の手続きや書類の準備を代行してほしい

弊社は司法書士事務所、税理士事務所と提携しているため契約書の作成や労働問題の対応など法務的な問題に対応することができます。会社法や知的財産法、労働法などの知識を有しているため、適切なアドバイスも提供できます

他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

事業内容やビジネスモデルの構築に注力する

多くの会社設立・起業支援コンサルティングサービスでは、法的手続きや書類作成などの事務作業に焦点が当てられがちですが、本当に重要なのは事業内容やビジネスモデルの構築です。その必要なアドバイスや支援を提供することが可能です

イノベーションに注目する

新しい市場や需要を開拓するためには、革新的なアイデアが必要です。したがって、会社設立・起業支援コンサルティングサービスは、起業家が革新的なビジネスアイデアを創出し、それを実現するための支援を提供いたします

事業家の成長を支援する

起業家は、ビジネスの立ち上げから成長、拡大に至るまで、さまざまな困難に直面します。このような状況下で、事業家を支援し、成功への道を切り拓くことができるようなコンサルティングサービスを提供できます

4つのよくある質問

A: 会社設立に必要な書類は、商業登記簿謄本や設立登記申請書、定款、役員名簿、印鑑証明書などがあります。それぞれの書類には、必要な内容や提出先、手続きの流れなどが定められています。

A: 創業融資以外にも、クラウドファンディングやエンジェル投資、ベンチャーキャピタルなど、さまざまな資金調達の方法があります。それぞれの方法には、メリットやデメリットがありますので、自社のビジネスモデルに合わせて適切な方法を選択することが重要です。

A: マーケティングにおいて重要なポイントは、ターゲット層の明確化、競合分析、USP(独自のセールスポイント)の設定、効果的な広告戦略の策定などです。これらを考慮したマーケティング戦略を策定し、適切なプロモーションを行うことがビジネスの成功につながります。

A:HPをお金をかけずに作る方法としては、WixやWordPressなどの無料のウェブサイトビルダーを使う方法があります。これらのサービスでは、テンプレートから選択して自分で簡単にカスタマイズできるため、初心者でも簡単にHPを作成することができます。ただし、デザインや機能には制限がありますので、自社のビジネスに合ったHPを作成するためには、専門家のアドバイスを受けることが望ましいです。

ファクタリング

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
ファクタリングとは

企業様が保有している売掛金を償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、企業様に資金を提供する仕組み

ファクタリング業者は企業から手数料を受取り、売却額を支払い、後日ファクタリング業者は売掛債権の回収を行う仕組みです。
たとえば、手形取引では売掛金を回収するためには期日まで待たなくてはいけません。銀行融資は担保も必要となるし、何より審査などで時間がかかります。
そういった素早く資金調達したい場面では、手数料を支払って、売掛金を現金化することでキャッシュフローを素早く改善できます。

2社間と3社間のファクタリング
取引先に売掛債権の現金化がわからない、2社間ファクタリング

ファクタリング業者との2者間で取引をおこないます。まずファクタリング業者へ売掛債権を買い取ってもらいます。
そして取引先から債権の支払いを受けたら、ファクタリング業者へ支払うことで成立します。
取引先や銀行に知られることなく資金を調達したい場合は、手数料は多くかかりますが、2社間ファクタリングを利用すべきです。

できるだけ多くの資金を調達したい場合は、3社間ファクタリング
できるだけ多くの資金を調達したい場合は、3社間ファクタリング

3社間で売掛債権についてファクタリングする場合は取引先の了承が必要です。まずファクタリング業者から売掛債権を買い取ってもらいます。

次に取引先からファクタリング業者へ売掛債権の支払いをおこないます。 この取引先からファクタリング業者への支払いに伴い事前に了承が必要となります。

取引先の承認が必要ですが、手数料が少なく済むため、できるだけ多くの資金を調達したい場合は、3社間ファクタリングを利用すべきです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

ファクタリングとは、企業が持つ売掛金(未回収の請求書)を、金融機関やファクタリング会社に譲渡し、現金化することを指します。つまり、売掛金を現金化してキャッシュフローを改善するための金融手法です。

ファクタリングの仕組みは、まず企業が顧客に対して請求書を発行し、その請求書をファクタリング会社に売却します。ファクタリング会社は、売掛金の一定割合を現金で即座に支払い、企業はその現金を使って運転資金を調達できます。また、ファクタリング会社は請求書の回収を行い、回収額から手数料を差し引いた金額を企業に支払います。

ファクタリングのメリットとしては、キャッシュフローの改善が挙げられます。企業は未回収の請求書があっても、現金を手に入れることができます。また、ファクタリング会社が請求書の回収を行うため、企業は回収業務を行う手間やリスクを軽減できます。

ただし、ファクタリングには手数料がかかるため、その分のコストが発生します。また、顧客に対して売掛金を売却することになるため、企業の信用やイメージに影響を与える可能性があります。そのため、ファクタリングを利用する際には、メリットとデメリットを考慮し、適切な判断を行う必要があります。

他社とは異なる「3つの魅力」

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

4つのよくある質問

銀行ノンバンク紹介

弊社のスタッフは元銀行員、元証券会社、元大手コンサル会社、法人営業10年以上のベテランスタッフのみの構成で安心して相談いただけます。お客様に合った銀行やノンバンクの紹介ができます

広告費をかけない集客

広告宣伝費は間接的にお客様が負担となります、弊社は過大な広告費をかけない集客方法のノウハウを持っています。結果、弊社であればその資金調達と手数料を最速調達・低手数料で提供させていただきます

投資家取引先マッチング

事業拡大に伴う資金調達、新規事業展開、およびM&Aを検討しているが、現状の取引先だと不安、取引先を増やしたいなどの問題も、弊社であれば直接的に投資家・取引先の紹介も提供できるコネクションがあります

A: 売掛金を持つ企業であれば、原則としてどのような企業でもファクタリングを利用することができます。特に中小企業や新興企業がキャッシュフローを改善するためにファクタリングを利用することが多いです。

A: ファクタリングの手数料は、契約前の事務手数料、交通費、契約期間中の保証料が発生します。(弊社は契約時の手数料以外は頂いておりません)

A: ファクタリングを利用することで、顧客に請求書の回収先が変わる場合があります。それは上のページの説明で「2社間と3社間のファクタリング」で取引先に売掛債権の現金化がわからない(2社間)と顧客にファクタリングの利用の了承が必要(3社間)が存在します。相談いただければ御社にあった利用を適切に選択することができます。

A:ファクタリングを利用する場合、請求書の回収が滞った場合には、ファクタリング会社から追加の負担が課せられることがあります。また、ファクタリング会社が信用力の低い企業や顧客に対してファクタリングを行う場合、回収リスクが高くなることがあります。そのため、ファクタリング会社を選ぶ際には、信頼性や実績などを十分に確認する必要があります。

新規事業開発支援

TEL:03-5830-8765 受付時間:平日9:00~18:00
フルページ
新規事業開発支援とは

新しい商品やサービスを開発し、市場に導入するためのプロセスを支援することを指します。また

市場調査、ビジネスプランの策定、販売戦略の策定、資金調達の支援などが含まれます。新しいビジネスアイデアを持っているが、実現するためのリソースやノウハウが不足している場合、新規事業開発支援を受けることで、アイデアを具現化し、成功に近づくことができます。

こんなお悩みありませんか?

お客様が、経営戦略や事業計画を立てる際に、以下のような悩みを抱えていることが多いです。

以下のようなアドバイスを提供できます

上記のような悩みを抱えるお客様には以下のアドバイスを提供できます

既存事業のみでは成長性が不安

新規事業を立ち上げることで市場の拡大や収益の多角化を目指せます。新規事業を進める際には、現状の事業や市場動向を分析し、マーケットインのアプローチで、社会課題やお客様のニーズを解決するビジネスモデルの開発が重要となります。

新規事業を進める判断

まずはアイデアを具体化することが必要です。ビジネスモデルキャンバスやマーケティングミックスなどのフレームワークを使って、アイデアを整理し、事業のビジョンやミッション、ターゲット顧客、プロダクトやサービスの特徴、価格設定、販売促進などを明確化していくことが重要です。

アイデアからの具体化

アイデアはあるものの、実現方法について具体的にイメージができていない場合は、専門家のアドバイスを受けることが有効です。ビジネスコンサルタントや起業支援団体、地域の商工会議所など、アドバイザーを探すことができます。また、成功事例の分析や市場調査などを通して、実現方法を具体化することもできます。

必要な人材、設備、資金など

新規事業を進めるにあたって必要になる様々なもの。まずは必要な投資やコストを明確化し、リスクマネジメントを行いましょう。また、新規事業のための資金調達については、自己資金や借入金以外にも、投資家やクラウドファンディング、地方創生支援金などの資金調達手段があります。

  • 上記のアドバイスを踏まえ、将来的な成長戦略の策定において、新規事業を活かすことを考える場合は、まずは会社のビジョンとミッションを再確認し、そこから目標や戦略を策定していくことが大切です。
他社とは異なる「3つの魅力」

以下は、新規事業開発支援の弊社の魅力を3つのポイントに絞って紹介します

事業と財務の両面を網羅した一貫した支援

新規事業の成長戦略、資金調達、マーケティングまで、事業と財務の両面から一貫して支援します。

専門的な知識とノウハウに基づいた支援

新規事業の収益化に必要な事業・財務の専門的な知識を持ったメンバーが案件に携わり、他社の成功事例をもとに蓄積されたノウハウを提供します。

マネジメントによる効率的な進捗管理

新規事業開発に必要なプロジェクトチームを組織し、全体的なマネジメントを実施して、計画的に実現化に向けて進めます。

  • 現在気づかなかった視点や改善策を得ることが出来る
  • 事業財務関係なく解決したい悩みの相談が出来るので、今後何をすべきか理解出来る
  • すぐに経営コンサルティング発注しなくても、代表取締役との接点が出来る
4つのよくある質問

A: それは保証できません。しかし、私たちは新規事業収益化に必要な事業・財務の専門知識を持ったチームが、投資先やパートナー先など、状況に応じた様々な支援先を見つける組織力を持っています。これにより、成功性の確度を高めることができます。

A: はい、可能です。既に作成された新規