ファクタリングとは

企業様が保有している売掛金を償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、企業様に資金を提供する仕組み

ファクタリング業者は企業から手数料を受取り、売却額を支払い、後日ファクタリング業者は売掛債権の回収を行う仕組みです。
たとえば、手形取引では売掛金を回収するためには期日まで待たなくてはいけません。銀行融資は担保も必要となるし、何より審査などで時間がかかります。
そういった素早く資金調達したい場面では、手数料を支払って、売掛金を現金化することでキャッシュフローを素早く改善できます。

2社間と3社間のファクタリング

取引先に売掛債権の現金化がわからない、2社間ファクタリング

ファクタリング業者との2者間で取引をおこないます。まずファクタリング業者へ売掛債権を買い取ってもらいます。
そして取引先から債権の支払いを受けたら、ファクタリング業者へ支払うことで成立します。
取引先や銀行に知られることなく資金を調達したい場合は、手数料は多くかかりますが、2社間ファクタリングを利用すべきです。

できるだけ多くの資金を調達したい場合は、3社間ファクタリング

できるだけ多くの資金を調達したい場合は、3社間ファクタリング

3社間で売掛債権についてファクタリングする場合は取引先の了承が必要です。まずファクタリング業者から売掛債権を買い取ってもらいます。

次に取引先からファクタリング業者へ売掛債権の支払いをおこないます。 この取引先からファクタリング業者への支払いに伴い事前に了承が必要となります。

取引先の承認が必要ですが、手数料が少なく済むため、できるだけ多くの資金を調達したい場合は、3社間ファクタリングを利用すべきです。